Currently viewing the category: "RACING"

こんにちは。

行って参りましたJNCC第1戦 サザンハリケーン@プラザ阪下!!土曜日は晴れていたんですが、日曜日はあいにくの雨。ですが皆さん本当に楽しそうでした。とりあえずはGOPRO2で撮影したものを乱暴につなぎ合わせてYOUTUBEでアップしましたのでそちらをどうぞ。雰囲気くらいはわかるかもです。

JNCC Rd1 2012 サザンハリケーン@プラザ阪下

タイムラインがメチャクチャなのはご愛嬌で。

今回はAクラスでLUCAS OILコンテンジェンシープログラムに昨年から加入している石戸谷 蓮選手が2位に!!

これからが非常に楽しみですね。このコンテンジェンシープログラム現在も登録募集中です。登録条件を満たせばJNCCエントラントの誰もが加入できるこのプログラムをうまく使ってお得にエンデューロライフを楽しみましょう!!ちなみに石戸谷選手は昨年6本以上ののLUCAS OILをゲットしましたので、まるまる戻ってきた事になりますね。FUN GPの枠もありますのでご興味のある方はまずはこちらをご覧ください。LUCAS OILコンテンジェンシープログラム

Read more!

2011年もあと少しで終わろうとしています。

3月11日には東関東大震災が起き、地震と津波による沢山の犠牲があり、また福島の原発の崩壊、メルトダウンによる放射能汚染、まだまだ東北にお住まいの皆さんには来年も引き続き厳しい状況が続きます。まだ収束、復興したわけではありませんからね。引き続き東北地方に住む皆さんに対し、私個人ではありますが出来る範囲での支援、応援をしていきたいと思います。

当初は非常に気分が落ち込みました。独立を目指して歩き始めた矢先の出来事で、これから日本は、自分の生活はどうなるのだろうと悩んだものです。ですが足踏みしていても何も変わらない、せっかくめぐってきた機会を逃してはならないと思い勝手のわからないまま何とかこうやって年末を迎える事ができそうです。それにはとても沢山の心温かい援助があり、ささせていただいた事で今の私が生かされているという事を今までにない程強く思い、感謝する一年でした。

今回は支えてくださった皆さんに感謝の意を込めて数回に分けて写真を公開したいと思います。お付き合いください。

 

これは木更津で行われたRIDE&SHAREの一コマ。三上さんの計らいでお誘いいただきました。写真はチャリティーの様子です。この時三上さんからご紹介いただいた「BAJAに行くホンダ社員チーム」がデザートサンダーレーシングです。また、前職ではこういったイベントの際はホテルを取ることを前提に動いていたのですが、一緒に風呂に行き、晩飯を食い色々な話が出来たのは今までになく新鮮でなんだか仲間に入れてもらえたようで嬉しかった事を思い出します。

 

そしてJNCCに参加する度に仲間も増えていき、ブース出店する事の意義と言いますか、一緒に盛り上げて行きたいという気持ちも大きくなりました

まだまだ続きます。

Read more!

さて、2012シーズンのJNCC開催スケジュールが発表になりましたね。調整中のところもあるようですが2012シーズンは九州が無くなり開催が噂されていた北海道も見送られましたが、JNCCの開催地の中では非常に人気の高い開催地が目白押しです。
そして2012シーズンもワークス・アンリミテッドは2011シーズン同様ブース出店をいたします。暫定では有りますが、以下の通りに出店予定です。

3/4 サザンハリケーン 大阪府 プラザ阪下 4/1 ビッグディア 広島県 テージャスランチ 5/13 ワイルドボア鈴蘭cc 岐阜県 鈴蘭高原スキー場 6/10 ジョニエルG 長野県 爺が岳スキー場 8/26 スプラッシュ月山 山形県 北月山立谷沢川原 (現在調整中) 11/4 ジョニエルG 長野県 爺が岳スキー場

ワイルドボアにつきましてはJNCC側で(内定)がついていますので日程の変更があるかもしれませんので、弊社としてもまだ分かりませんが上記のように出店をする予定です。

来シーズンはどんなドラマがあるんでしょうか、今からとても楽しみですね。

JNCCのサイトはこちら>>http://www.jncc.jp/

 

Read more!

 

今回は最近使った方から代絶賛いただいております LUCAS オクタンブースターのご紹介。

今回もJNCCサポートライダーの石戸谷連選手からのインプレッションをご紹介。

 

LUCAS OIL オクタンブースターインプレッション

2011/11/20

天候:くもり

マシン KTM250EXC-F (MY2011)

オイル LUCAS シンセティック0w-40

コース グリーンバレー森羅

 

今回のコースについて

路面コンディションは基本的にマディで軽い泥ではなく重たい泥。マシンのパワーを食われてしまうような土質でありながらしかもスリッピーでトラクションのかかりにくいものでした。そのような状態であるためコースのいたるところに深い轍ができて、パワーの無いマシンや車高の低いマシンはことごとく埋まってしまっている状況。まさに「ゲロ系」のコンディションでした。

オクタンブースターを入れたメリット

上記のようにぱわーを容赦なく路面に吸い取られてしまう状況においてパワーが上昇することはメリットとしてかなり大きく、例えば目の前にタイヤが浮いてしまいそうな深い轍が有る場合、手前でどれだけスピードを乗せられるかが勝負の分かれ目となってきます。他にも急な上り坂や重たい泥がうねっている所、斜面に横たわる木の根などでオクタンブースターを入れた際の効果が大きく出るのは経験者であれば良く分かると思います。

今回特に強く感じた感想ですが普段深いわだちがある場合1速で今まで通過していたのですが轍の中が滑りやすいこともあって試しに2速で走ってみましたが、1速で通過するよりスピーディーに正確に通過することが出来ました。普段であれば2速はパワーを食われてしまうため絶対に使わないのですが今回は難なく走れました。たった一つのアイテムでギアを一つ高くして走れるのは大きなメリットだと思います。

ただ、一つ残念だったのは長丁場のレースで給油の際にオクタンブースターが薄まってしまいその後効果がなくなってしまったことです。

JNCC Aクラス #05 石戸谷連

というレポートを頂きました。全般でいい印象をいただいていてうれしい限りです。今回のAAGPは相当過酷な状態で能塚智寛選手にいたってはこんな状態で走行していたようです。

JNCC AAGP GVお疲れ様でした。またもやレース序盤に自滅し、満足できる成績は残せませんでした。レース終了後の話ですが、序盤にスタックした際、冷却液はかなり吹いていたそうで、終了後に確認したところ、ラジエターはほとんど「カラ」でした。3時間のレースのうち2時間ほどは「空冷」状態だったと思います。

しかしながら、エンジンには何の後遺症も無く、ルーカスオイルへの信頼性を一層高めました。

今シーズン、コンテンジェンシープログラム参加から、「夜のJNCC?」まで、一年間ありがとうございました。ご縁ができ、いろいろと楽しくお付き合いいただいたことに、深く深く感謝申し上げます。

  

このレポートを頂いたときにちょっと肝を冷やしましたが、能塚選手のマシンを守りきったLUCAS OILに非常に感謝する次第です。能塚智寛選手、1年間お付き合いいただき本当にありがとうございました。

使い始めた方々から絶賛の声が絶えないLUCAS OIL是非皆さんも一度試してください。

今回両選手が使用しているオイル、添加剤は以下のものです。

 

最高品質100%化学合成オイル

LUCAS OIL SYNTHETIC SAE SERIES

ルーカス・ハイパフォーマンス モーターサイクル オイル シンセティックは世界中のモーターサイクルレースで使用され、その素晴らしさを実証された100%化学合成レーシングオイルです。最高級・最高品質の合成ベースオイルに特殊な高性能添加剤をパッケージング。特にエンデューロレーサー・モトクロッサーといった高負荷がかかる高回転型シングルエンジンや、ロードレースなど高回転を多用するスーパースポーツに最適で、確実にその性能を発揮します。

ラインナップは0W-40,20W-50の2種類をご用意しております。(内容量:1Qt./945ml)希望小売価格: ¥3,150-(税込)   PARTS# 10718 API SG / SF / CC / CD, JASO MA & JASO MA-2, ACEA A3適合

 0W-40  20W-50 

 

LUCAS OCTANE BOOSTER

ルーカスオイルオクタンブースターはガソリンに添加することにより信じられないほど手軽に愛車のパワーを最大限引き出すことが可能です。その効果から一度使用したライダーやドライバーから絶え間なくリピートオーダーをいただいている、大ヒット商品となっております。そしてルーカスオクタンブースターのセールスポイントはズバリ他社製品と比較して3倍の効果を公式に発表しているところです。今まで他ブランドでもこのような商品は存在していましたが、「それらの3倍の効果がある」とパッケージに記された商品は未だかつてありません。

そしてあなたもこの商品をご購入し添加した際、ガソリンタンクからフューエルラインを通りインジェクターから燃焼室に添加された燃料が到達した瞬間にその効果を実感することでしょう。使い方は25ガロン(約95L)の無鉛・有鉛ガソリンに対して15オンス(約445cc)を添加するだけ。

ターボ、02センサー、触媒等にダメージを与えることもありません。 インジェクション・キャブレターどちらにも使用することが可能です。 最適な燃焼状態になるためエミッションにおいても、また燃費に関しても良好な結果をもたらします。

4輪に最適な15オンスボトルと、モーターサイクルに最適な2オンスボトルをご用意いたしました。

(内容量:15Oz./443ml)希望小売価格: ¥2,600-(税込)  (内容量:2Oz./59ml)希望小売価格: ¥1,000-(税込) 2オンスのものはガソリン15.2Lに対して本商品1本を添加してください。  どうぞお試しください。

Read more!

すでにBAJA1000も終わってチームは日本に帰国しました。残念ながらリタイヤ(DNF)と言う結果で終わっちゃったけど、今までと違うBAJA1000を見た気がします。たかがオイルを少々サポートしただけですが、やはりどこか一緒に参加しているような気分で動向をチェックしていたからかもしれません。

そして、FRM編集長の三上さんがFACEBOOKでBAJA1000の取材をしたスナップを提供して下さり、その写真を見て言葉では表せないなんとも言えない物がこみ上げてきました。

 

 

くやしい。

 

 

悔しいって何だ?レースでチームがリタイヤしてしまった事が?勿論それもありますが、BAJA1000のその日の為に時間を削り、仕事をこなし、スポンサーを集めて参加した頑張っている人を写真で見たとき、

 

 

お前は本当に努力をしているのか?もっとプッシュして自分を高めて行かなくちゃ行けないんじゃないか?

 

 

と焦りにも似たようななんともいえない敗北感。それでいて重いクランキングからやっとエンジンがアイドリングを開始したような感覚に変わっていくのを感じたような気がします。

写真一枚一枚に魂と情熱がこもった写真だからこそそんな風に思えたのかもしれません。

LIFE IS TOO SHORT ,GET A STEP AHEAD and LIVE HARD AS I CAN.

Let’s Ride BAJA1000でBAJA1000を振り返ったレポートがアップされています。

画像提供:ridepublication Katuhisa Mikami

Read more!

スタートの前に軽く散歩してきました。こちらはハスクバーナのテントです。左には福岡のスピードモーターガレージさんがテントをつなげていますね。

原田選手のマシン(TE250)はアントワン・メオ風味でしかもオリジナリティーを忘れていない出来です。ヘルメットも確かアイローを使用していましたね。徹底しています。

ライダー紹介の時も・・・。

原田選手、まったく引けを取らないばかりか逆に田中選手以上に湧かせていました。

原田選手のお兄さんに当る社長もTE449で参戦していました。

そして対面にはKTMブースです。

こちらにはワークス・アンリミテッドのサポートプログラムに参加している石戸谷連選手も入ってます。

石戸谷選手は来年もルーカスオイルでシーズンを走ることになりました。来年もよろしく!

もう一人能塚選手も今回エントリーしていたのだけどパドックが離れていて会うチャンスを逃してしまい申し訳なかったです。

さて、次はいよいよスタートです。迫力ありますよ!!

Read more!

前日の宴もそこそこに日曜日がやってきました。

天気は曇り時々雨のち晴れといった具合にコロコロかわります。

能塚パパの国家斉唱からスタート!戦闘機が3機歌った後に上空を通り過ぎました(自分の脳内ではw)

AAGPにはアメリカGNCCからの招待選手が招かれるのですが、国内でも最近非常に注目を集めているKTMとハスクバーナのトップガンが来日し、その走りにエントラントならびにギャラリーも期待しています。

そしてそして!この人物も忘れちゃいけない田中太一選手。唐突に呼び出されてもまったく動じずにトークが出来るのは、自身のコンセプトにブレが無いからでしょう。風格すら感じますね。

ブリーフィングも終わりいよいよFUN GPからスタートとなります。つづく

Read more!

非常に残念なニュースですがDesert Thunder Racing 266Xは ミスコースによるタイムアウトが確定したためにリタイヤとなってしまいました。

それは確かに残念なことなのですが、社内でチームを結成して自分たちでスポンサーを集め、色々な試行錯誤と挫折や時間的制約の中でBAJA1000のスタートに立ったのはすごい事だと思うわけで、その実行力を尊敬します。

 

詳しいことはまだわからず、FRMの三上編集長のレポートによるところすでにロス・アンジェルスに戻っているようです。

とにかく皆さんが無事に日本に帰国し、また笑顔を見せてくれればと思います。特にお土産話がいっぱい有りそうですしね。楽しみにしています。

 

お疲れ様でした!!

 

 

 

 

 

来年? リベンジ?? その時は勿論サポートしますよ!!

詳しくはridepublicationのホームページをどうぞ。

Read more!

フェリーを降るとそこは新門戸港(北九州市)ザーザー降りの中車を目的地へ走らせます。全然土地勘がないのでナビ任せな訳ですが、これが大失敗その1。極力直線的に最短距離かつ最短時間に設定したのですが、ものすごく狭くて険しい道のりを走ることになります。そしてかかった時間が3時間半。レースが終わってから会場を後にしていては到底帰りのフェリーに間に合わない事が発覚してしまいました。

と言ってクヨクヨしても仕方ないので、サクッとブースを立てて夜のエンデューロに突入します。今回はスージーデジット九州の中西さんがテントを提供してくださり、さらには産直のおいしい肉まで!本当にお世話になりました。ありがとうございます。プラスJECチャンピオンYUTARO選手にもお買い物を頼んで豪勢な宴にご満悦のモーターサイクルフォース総帥www

これを見て何名かに殺意が芽生えることは必至ですがあえて公開(笑)

 

明日の事や、来シーズンの事。エッチな話やアホな話。ちょっぴりまじめな話で夜は更けていくのでした。そして翌日はAAGP史上最多のエントラントが森羅を走ります。

Read more!

 

 

 

 

皆さんこんにちは。行って参りましたAAGP最終戦、グリーンバレー森羅!!

今回は九州の阿蘇山付近で行わるので、大阪南港からフェリーで九州入りをしました。皆さんフェリーを利用したことありますか?僕は何度か利用したことがありますが、なかなかいいものです。

 

寝てても自動的に目的地へ車ごと運んでくれる。 ゆっくりご飯食べてても目的地へ車ごと運んでくれる。 ゆっくり風呂に入っていても目的地へ車ごと運んでくれる。 飲酒してても目的地へ車ごと運んでくれる。

(笑)

要は車ごと移動する海上ホテルみたいなものですね。

 

ご飯も一皿平均300円でそれほど高くも無く、味もまあまあです。

 

 

 

 

 

 

 

船内も明るく綺麗です。

 

 

 

 

 

 

 

ボケーっとしてても九州まで連れてってくれるのは最高に魅力的です。まだ経験の無い方、是非一度試してみては?

Read more!

どうやら皆さん無事にプレラン2日目の朝を迎えているようです。三上さんがUSTREAMでビデオをアップしていますのでご紹介します。

Read more!

もうまもなくスタートですね。今頃はプリランしてレースに向けてセットアップや整備をしているところでしょうか。

さて、BAJA1000ってどんなとこ走るの?ってかたもいらっしゃるかと思うので、割と詳しくキャメロン・スティールが説明してくれるこちらのYOUTUBEをご覧下さい。

本人曰く、相当今年のコースは「タフ」なようです。ビデオの中で「カオス(混沌とした)」を連発していますので、相当厳しいコースなのでしょうか?うーん、ガンバレみんな!!

Read more!

ワークス・アンリミテッドは11/20に開催されるAAGP森羅もガッツリ出店いたします!!

LUCAS OIL,EFXはもちろん、もう一つ新しい商品をご用意してのブース展開です。

これまたかわったブランドの取り扱いですが、実はこの商品もエンデューロライフにははずせないもの!

アメリカではLUCAS OILとコラボレーションもしています。正式発表はAAGPで!お楽しみに!!!

Read more!

FRM(FreeRideMagazine)Vol.33より連載を開始した「BIKE GIRL GOING BAJA1000」でおなじみDesert Thunder Racing With KAMONですが、いよいよアメリカに入国したようですね。

今頃は車両の整備、セットアップを済ませてエンセナダに移動している最中でしょうか。これから出来る限りキャッチアップして現場の様子をお伝えしたいと思いますが、はっきりいって三上さんだよりですw

そんなFRMでもレポートされていますのでそちらもあわせてご覧ください。FRM三上編集長のUSTREAM

杉山さんからいただいたスケジュールを下に張っておきます。

《日程》

11/11金曜日の夜中(正確には土曜日00:05)に羽田から出発です。

11/11金曜日 現地夕方着
11/12土曜日 準備、積み込み
11/13日曜日 エンセナダへ移動
11/14月曜日 プリラン
11/15火曜日 プリラン
11/16水曜日 プリラン、整備(タイヤ交換)
11/17木曜日 車検、ミーティング
11/18金曜日 レース
11/19土曜日 レース ゴール
11/20日曜日 リザルト 8:00 表彰式11:00  LAへ移動
11/21月曜日 オフ
11/22火曜日 LA発
11/23水曜日 成田着

今回はLUCAS OILでのサポートをさせていただきましたので、すっごくワクワクしています。ガンバッテほしいです!!

2010年BAJA 1000

LINK:

Let’s Ride! BAJA 1000なう!

Read more!

行って参りましたテイスト オブ ツクバ!!

朝から非常に残念な空模様でしたが、レースは決行、雨の切れ間を見計らってたくさんの来場者もあり、盛り上がりました!!

アルタイヤレーシングブースにはお客さんが応援に詰め掛けてとっても賑やか。聞くと全員ルーカスオイルをご利用いただいているとか。ありがとうございます!!

モンスタークラスにエントリーの刀。ファントムグレーにダイマグ18インチホイール。はい。どストライクのセンスです。なんだかアメリカの片田舎で行われている草レースの雰囲気が良いです。最高!

ライダー、オーナーである荒選手に了解をいただいてアンダーカウルにLUCAS OILステッカーをペタシ。さらにメリケン度アップです。

背中のネームがイカシテマス。右となりはアルタイヤ代表大崎氏。作戦会議中です。いや、ただの談笑かもしれません。肩肘張って目を三角にしてレースに挑んでいないところがまた良いです。

そもそもこの刀、普段は通勤、ツーリングに使用している物で、それをレースに出られるよう保安部品等を取り外し、ゼッケンを着けただけの物。T.O.Tはそれで参加できるんですよ。偉大なる草レース、非常に魅力的です。

いよいよ予選スタート。結果は真ん中のちょっと上くらいです。湯水のようにお金をかけて仕上げて来た他の競合相手に引けをとりません。荒選手なら当然かもしれませんがw

ただ、荒選手もロードレースは本当に久しぶりで乗り方がモタードチックなところが見え隠れしていて、一コーナーでドリフト進入+足出した時はチームメートと大爆笑してしまいましたwそれでも結果を出すあたりはさすがです。

そして決勝、スタートから快調に前を行くマシンをラップごとに1台、また1台と抜いていくもまさかのマシントラブルで残念ながらリタイヤとなってしまいました。いや本当に残念。

残念だったけど、急ごしらえのレースで、次回参戦の際の課題もはっきり見えたので今回はそれなりにも収穫の多いレースではなかったのではないでしょうか。お疲れ様でした。

次回は来年の春の開催になるテイスト オブ ツクバ。また一緒にブース出したいですね。楽しかった!!

 

そうそう。エイビットツールの山田さんがブースまでひょっこり遊びに来てくださいました。仕事の合間を縫っての来場ありがとうございました。あと、残念なFUEL-TKC君もすっかり終わった後に入れ違いでツクバサーキットまで来てくれました。今度は昼からおいでね。楽しかったのにぃーww

アルタイヤモーターサイクルズ 神奈川県横浜市瀬谷区五貫目町5-6 045-442-3237

テイスト オブ ツクバ D.O.B.A.R

 

Read more!

来月11月6日に行われますテイスト オブ ツクバ(T.O.T)に、アルタイヤモーターサイクルズ様と合同でブース出店することになりました。

僕が20台の頃から「ドーバー」といえば国内屈指の草レースで非常にロードバイク&ロードレースファンには非常に人気のあったレースですが、現在もツクバサーキットがごった返す程の観客動員数で春と秋に行われているこのイベント、非常に興味があります。

このレースにアルタイヤからスタッフでもあります荒 憲之がエントリーすることも有り、メカニック、ヘルパーとしてお手伝いできればと思っています。そんな荒君ですが経歴が半端ではありません。鈴鹿8時間耐久に出走し、好成績を収めていたり、MOTO1にシリーズ通してエントリーしていたりで、いわゆる「IA全日本クラス」のライダーなんです。今週末には現在メカニックとして2010moto1クラスチャンピオン、松本康のサポートの為、具体的なプランはまだ決まってないので、今回はさわりだけのご報告ですが、機会がありましたら続きます。

アルタイヤLUCAS OIL racing ですかねやっぱり?ワクワクするなぁ。

Read more!