Posts by: Takehiko Sugimura

こんにちは。

ホイールリペアの投稿を最近していませんでしたので、直近の施工をご紹介です。実はこのお客様は以前にシートリペアを施工させていただいたお客様です。リピートしていただけることの喜び。本当にありがとうございます!

Read more!

皆さんこんにちは。

さて、今回はインテリアリペアで良くある施工依頼の一つ、ステアリングリペアのご紹介です。

Read more!

本日アーティファクト様へヘッドライトのクリーニング&コーティングへ行ってまいりました。

Read more!

こんにちは。インテリアリペアって色々な業者さん、フランチャイズ加盟店さんがいらっしゃいますね。

かく言う私もトータルリペアの加盟店なワケですが、実際のところ施工をご依頼頂くお客様の中でも初めて直してみようと思われる方がほとんどだと思います。

Read more!

結構年式の古いVOLVOのシートサイドサポートの施工例です。

これは結構苦労しましたけど、いかがでしょう?

Read more!

皆さんこんにちは。

暖かくなってきましたね。と思ったら花粉と黄砂と、なんだか良くわからないPM2.5とか呼ばれる謎の物質が飛来するトリプルパンチな感じでマスクが手放せません。特にPMナントカは良くわかりませんが、11PMならわかります。

Read more!

10月21日 インディアナ州 The lronman で行われました。
結果 XC1クラス 8位

Read more!

今回、掲載するにはとてもお客様にその違いがわかり易いリペアの一件がありましたのでご紹介いたします。

施工対象車両はUS NISSANのアルマーダというSUVです。

Read more!

R-6 レース報告書
Aクラス 1位/40台中
CONP総合 12位/166台中

今回のコースは前日の雨によりSUGO名物であるスリバチがカットされFANクラスと同じコースになったためスピード勝負となりました。スタートは中盤あたりで出ていき第一コーナーを7,8番手で抜け出しそのままの順位のままEDコースに入っていきました。EDコースは例年通りのため最初からガンガンアタックしていきポジションをあげていき1周目は4位で帰ってきました。1周目には3位で帰ってきて3周目にはクラストップに立ちました。
スピード勝負のレースだったため後続との差がどんどん広がっていきレース中盤には2分近くのアドバンテージを築きあげました。その後はAAクラスをターゲットとし来年を見据えて総合10位以内を目標としてプッシュし続けましたがコースが簡単なため差がなかなか縮まらず総合な12位で終わりました。

念願のクラス優勝を飾ることができて嬉しいのとともにやっと応援に応えることのできる結果を出せて報告書を書くのが楽しいです。ありがとうございました!
JNCC Aクラス 01番 石戸谷 蓮

 

Read more!

10月7日 オハイオ州 Power Line Park で行われました。
結果6位

Read more!

今回はアーティファクト様からのご依頼でコーティングに出張施工に行ってまいりました。

そして今回の施工車両はこちら!

Read more!

 

GNCC  R10報告書を送ります。

9月16日 ニューヨーク州 Unadilla で行われました。

結果10位

Read more!

皆さんこんにちは。 夏はもうすぐそこ!!梅雨が終ればエンデューロの季節です。大小さまざまなレース・ライディングパーティーが待っています。 夏なのだから当然の事ですが、暑いわけで、ライダーもまめに水分補給や塩分補給をして体調を崩さないよう気をつけるわけですが、マシンにとっても相当な負荷がかかっています。

Read more!

いつもお世話になっているホンダオートテラス菊川様へCRーZのマニキュアコートの施工へ行って来ました。

Read more!

GNCC 第8戦の報告書
結果 7位
6月24日 ウエストバージニア州 Moose Snowshoe で行われました。

山の頂上、スキーリゾート地で開催されレストランや、ショッピングなどもでき沢山のホテルが密集しています。

Read more!

今回は動画中心にレポートいたします。

まずは会場についてJバザー中心にご案内。

Read more!

皆さんこんにちは。

この度大阪府高槻市にあります「BALANCE AUTOPARTS WAREHOUSE」様が新規にLUCAS OIL販売店様としてご加入くださいました。

Read more!

5月27日 ウエストバージニア州 The mountaineer  で行われました。

 

コース場に近くになるにつれ、山々が険しくあたりは岩山で、今回のコースはすでに厳しいコースだなと、思いながら入りました。

Read more!