5月27日 ウエストバージニア州 The mountaineer  で行われました。

 

コース場に近くになるにつれ、山々が険しくあたりは岩山で、今回のコースはすでに厳しいコースだなと、思いながら入りました。

パドックも平らな所があまり無く、いくつもの山をパドックやコースに使っていました。山の中の中腹付近は岩がゴロゴロのウッズを登ったり下ったり。山裾付近は、水が出て来ているので、グチャグチャなマディーウッズでした。山から出ると、埃でバフバフ、全開ハイスピード芝生。ものすごくテクニカルなコースでした。一周約10マイル(16キロ)で、30分ぐらいで回っていました。今回、次回と岩登りがすごいと聞いていたので、リクルスのオートマクラッチを入れ臨みました。

スタート、リクルスの威力で出だしは良かったものの、アウト側からの位置だったので飲み込まれました。6,7位で、山に入り、989デュバル、557ラッセルらと走っていました。岩だらけで、スピードも遅く、前も後ろも跳ねられロデオ状態でみんな攻めていきます。今回はすごく調子が良くデュバルの後ろをぴったり走っていました。

いつでも抜かせれるように真後ろに居たとき、デッカイ岩盤があり、そこに見えずに入ったため、対応が遅れ、前後タイヤが滑り転倒。リクルスのおかげでエンジンがかかっていたので、すぐに走り始めたが、数台に抜かれた焦りで、またもや転倒。ばらばらになっていました。

一周目でXC2クラスのライダーに4人も抜かれ、ぼろぼろでしたが、落ち着いてまずは、付いて行こうと思いました。調子も取り戻し、XC2ライダーのペースもそんなに速く感じず、XC2ライダー2人ほど抜き、くっ付いていきました。

どんどん追い上げて行き984バーチや10ジョーダンなど抜いて行きました。給油後に217ギャレットにぴったりマークされていましたが、順調に走って行きました。気がついたらXC1、5位に上がっていたので自分でも驚いていました。

ラスト一周、ギャレットとの争いになりました。お互いにかなり疲れていましたが、最後の力を振り絞り走りました。一瞬のミスで強引に抜かれ、自分に負けそうにもなりましたが、とどまり、抜き返し、またもや抜かれ、抜き返しで、意地の張り合い気力との戦いでした。最後はギャレットが先に諦め、離れて行きましたが、最後にまた来るかも知れないと思い最後まで、全開でした。結果XC1クラス、5位に入りました。

今回のコースは凄くテクニカルでみんなもミスが多く、難しいコースで体力も奪われましたが、最後まで攻めて走れるように体力もついてきているのでこの調子で頑張って行きたいなと思っています。ついに5位に入りましたが、気を引き締め、更なる上を目指して頑張って行きます。


GNCC R7 ウエストバージニア州  the mountaineer

オイル  10W-50使用

気温30℃ぐらい、コースは山々の中で平らな所がほとんどなく、石岩が多く、そしてマディーのセクションもあり、山から出ると全開のハイスピードな所もありテクニカルなコースでした。

今回はリクルスのオートマクラッチを入れての参戦でした。リクルスとの愛称も非常に良かったと思います。

3時間なんの問題もなく最後までスムーズにエンジンは回ってくれました。

小池田猛

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Comments are closed.