GNCC R6
5月13日 インディアナ州  Limestone 100 で行われました。
今回のコースは山、森、黒土でスリッピー、アップダウンも多く、所によっては石が多くガレてました。一周約10マイル(16キロ)で27分ぐらいで回っていました。

明け方、少し雨が降りましたが、山森の中はコンディションが良く、山から出るとほこりが出ていました。
スタートグリットが平らな所ではなく、斜めの所(逆バンク、しかも芝生ですべる)からスタートし第1コーナーが逆バンクで曲がりながら第2コーナーまで上るレイアウトで、転倒者もかなり出ていました。スタート、みんなより内側、斜面の上の方から坂を利用して出る作戦で、グリットを決めました。

スタート、うまく行き4,5番ぐらいで出て行きました。黒土で滑るなか、なんとか上位にくらいついて行こうとしました。後ろからも、激しく、抜きにかかって転倒する人や、ぶつけて前に行く人など、かなりアグレッシブに戦っていました。

混戦のなか、前のライダーが深いワダチを避けている所をラインを変え前のライダーをパスしようとした時に、想像よりグリップしたせいで、体のバランスも崩れ、ワダチを抜けたあと木と木の間を通らないといけないのに、ライダーにぶつかり、木にもぶつかり、引っかかって止まったので、後ろのライダーにも突っ込まれ、気がついた時には10番手ぐらいまで、落ちていました。

その後は、落ち着きを取り戻して、中盤ぐらいから、リズムが良くなっていき、だいぶ攻めて走れるようになって行きました。ピット作業に今回はアメリカ駐在の日本人が応援、手伝いに来てくれました。そのかいあってピットはうまく行きました。

後半は徐々にペースもあがり、攻めて走ってる矢先に、ほんの少しのスリップで木に激突、転倒は間逃れましたが、手首と肩が強打してさっきまでの勢いが、うそのように、ペースダウン、かばいながら走っていました。気持ちが下向きになると、一周がものすごく長く感じ、後ろとの差を気にし始め、変なところでまたミスをしてしまう。悪いサイクルになりそうでしたが、少しずつ回復し、最後まで走り抜き、結果XC-1クラス7位でゴールしました。

今期ベストリザルト7位でした。前との差も5位ぐらいまで、そんなに離れていないので、まずは、5位以内、出来るようになったら3位以
内と、一つずつ、やって行けば良いと思っています。2戦以降は全て初めてのコースなので、多少、不利ではあるのですが、しぶとく走ってい
ると、絶対チャンスが来ると思っているので、それをものに出来るように頑張ります。

小池田 猛

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

Tagged with:
 

Comments are closed.