FRM本屋行って買ってきました。2ヶ月に1回発売されるこの雑誌、結構楽しみにしています。

37号から表4側(裏表紙のことね)から読むとロードバイク系のコンテンツ盛りだくさんのFRM STRADAが始まりましたよ。

松下ヨシナリ選手のルマン24H耐久レースの模様が紹介されてるんだけど、なんかコレ見てスタート前の緊張とか、リタイヤしたときの落胆とかを共有している自分がいて気がついた。

FRMがなんで面白いんだろうって。それはなんかスペックとか、高次元での一握りの高度なスキルを持ったライダーによるインプレッションばっかりの雑誌じゃないからじゃないか、と。

さらに言えばバイクを中心に携わる人間ドラマが色濃いからで、それに共感して楽しくなったり、悔しかったり、怒ったり泣いたりする事が出来るある意味他誌とはまったく違う「読み物」だからじゃないかなーと思うのです。そういう意味ではFRM副編集長春木さんが拵えてるBIG TANKも当てはまりますね。この2誌にはなんだか魂を感じます。

スペックばっかりのどれを買ってもあんまり代わり映えしないバイク雑誌に飽きたら是非読んでもらいたいですコレ。

あ、それからワークス・アンリミテッドもFRMでコラム連載してますのでよろしくw

掲載させていただいて本当にありがとうございます。

BIG TANK magazine 店舗で販売しています。お近くにお寄りの際はゼヒ!!

FRM(freeride magazine)

 

 

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です