今回は完全なる私の趣味?の話。といっても各地イベントへの運搬車として大活躍してくれるピックアップトラックの日産タイタン。

基本的にはイベントでしか乗らないのでつきのガソリン代もそんなに気になりません。

何より長距離の移動が本当に楽だし、高速料金は中型ですが、それはハイエースのワイドスーパーロングも同じこと。のんびり走ればリッター10kmに届きそうな勢いです。届いたことはありませんが…。

ただ、コレ見て「荷物濡れるじゃん」って思った人がたくさんいらっしゃるかと思います。ま、全部コンテナボックスに入れて積んでますんで商品が濡れることはありません。

でも……。はっきり言って面倒くさいです。もって行く物用意して、コンテナボックスに詰めて積む順番考えてとかやってるとたいした荷物の量でもないのに積み込みに時間がかかります。

じゃあ、トノカバーをつけるかということで物色すると…。

シャッター方式のタイプ。コレは最強ですね。

FRPの一枚ものとか。コレは本国では安いものが割りと出回っているのですが、ここは日本、海を越えるとなると半端じゃない輸送費がかかるので却下です。

それからこんなのもあります。

ほう、これはいいですね。たくさん積めそうです。

幌をはずせば、パタンと収納できるようですね。

さすがはアメリカ、エコブームが到来していてもまだまだピックアップトラックのマーケットは元気ですね。

ただ、コレを日本に輸入するとなると、寸法と重さでとんでもない金額を輸送費で請求されることでしょう。ということで上記のトノカバーはすべて購入対象から外れます。しかもシャッター式以外はバイクを積めないし全然対象外です。

で探しに探した結果、あるひとつのメーカーから発売されている、シンプルかつ荷姿がコンパクトで、送料も安そうなものを発見。早速問い合わせて購入しました。まだ、手元には来ていないので到着次第ご紹介しようかと思います。

燃費も良くなるみたいなので(10%~18%アップと良く謳われています。)夢のリッター10km超えなるか!?そこらへんも含めてまたレポします。 お楽しみに。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です