皆さんこんにちは。

今日は夕方から雨。今年は空梅雨かなーなんて思っていましたが、それでは作物が不作になったり水不足になったり困っちゃうので、これは恵みの雨ですかね。

僕が住んでいる静岡県西部地方は年を通して比較的暖かいのですが、夏は特にあづいです。

そんなくそあつい中、前から気になっていたルーカスモービル1号(限チャリ)のダッシュボードがバキバキに割れていたので、修復をしてみました。

はい。このようにバキバキです。前のオーナーがスッコロンダあとです。

これはフロントブレーキマスター付近ですが、今にももげてしまいそうです。

さっさと直してしまいましょう。乗るたびに気になってテンションが下がるので精神衛生上良くないです。

まずは接着剤でクラックを接着&欠損部分を埋めていきます。

そして余計な部分をサンディングして形を整えます、これでもう全然目立たなくなりました。

マスター付近もこのようにしっかりくっつけてー。

ハイこのとおり。でもサンディングしているので、表面にペーパー傷や、ツルツルになってしまったところなどありますので、ここからトータルリペアの技術を投入!

この独特な粒粒したシボ模様を再現します。

 

 

 

 

 

 

 

よ!

もうどこに傷が入ってどこを補修したかわからないでしょ?

あぁっ…肝心なところがピンボケに…。

今回はスクーターなんで買ったほうが安いかもしれませんが、これがパーツ供給の終了している絶版車両だったら価値があるのではないかと思います。

もうほとんど自己満足ですが、ここまで修復できればどこに出しても恥ずかしくありません。スクーターだけど…。

こういった樹脂系パーツは今までリペアするという考えがそもそも無かったので皆さん交換していたのではと思いますが、絶版車や逆輸入車、外国車は交換するとすっごくお値段がはりますので、もしかしたらお力になるかもしれませんので、一度お問い合わせ下さい。

ZZR1100Cのカウルとフレームの間の樹脂パーツとかみなさんそろそろなんじゃないですか?(元オーナーより)

ちなみに付け加えさせていただきますが、カウル本体はリペアの仕方が違いますので、施工の対象ではありません。ご了承下さい。

Comments

comments

Powered by Facebook Comments

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です